名古屋工業大学 大学院工学研究科 機能工学専攻

エネルギ分野の紹介

当分野においては,エネルギーシステム(エネルギーの変換・輸送・貯蔵・利用)に関する高度な専門知識と技術を活用して, 先進機器の開発・設計・製造およびエネルギー開発を行う高度技術者および研究者の養成を行います。 すなわち,熱力学,熱機関,流体力学,電気工学などに関する基礎知識をベースとして, 高効率・高性能の機械装置類の設計開発において基礎となる, 熱及び流体エネルギーの輸送・変換・貯蔵・利用や電力の高効率輸送などについて高度な専門知識及びその応用技術を習得し, さらに高度な機能を有する熱機関・流体機器等のエネルギー変換機器の開発研究を行います。 また,地球や地域環境と調和した先進的エネルギーシステムを構築できる先導的技術者の養成を目指します。

研究内容は,複雑乱流輸送現象,マイクロガスタービン・燃料電池複合システム, 環境負荷低減のための燃焼技術,乱流燃焼騒音の解析と低減技術,内燃機関における超高速燃焼現象, 無重力場における燃焼,電場による流れの制御,高精密遠心分級,乱流数値シミュレーション,流体の抵抗低減効果,機能性流体の力学,外部絶縁,極低温電気絶縁などです。


マイクロチップ冷却最適制御のための熱・流動シミュレーション。熱負荷が問題となるマイクロチップ周りの流動シミュレーションを行い,その冷却の最適制御法を創出します。

高出力ダブルパルスYAGレーザー使用の燃焼速度場計測用PIV(粒子イメージ流速測定)システム

(提供:田川研究室)

(提供:石野・齋木研究室)